So-net無料ブログ作成
ETとの遭遇 ブログトップ

◆ be ridiculed and harassed [ETとの遭遇]

delide.jpg

Miriam Delicado says:
One day, the world will know the truth that UFOs and extraterrestrials are real.
I long for that day, when I will no longer be ridiculed and harassed.



カナダ生まれの彼女は、

幼い時にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をし、

成人してからも、ふたたびETの種に出遭ってしまった!



彼女の父は、Russian Psychic Armyだったのか。

彼女にも超能力がそなわっていたのか。



今日、日本でも過去にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をしたり、

アブダクションを経験し、病院で体のある部分からチップ(インプラント)を
取り出してもらった経験をしている人が実在する。


単に空飛ぶ物体(UFO)を目撃したという人は、この国にも多数いるが、
それらの形状や大きさは様ざまだ。


しかし、その物体に乗り、どこどこの星まで行ってきたとなれば、
この国では限られてくる。


さらに、その後ずっと彼らの種とコンタクトがつづいている人は、
少数になると思われる。


ただ、その体験をずっと心に秘めて苦しんできた人が実在することも現実だ。

「話したら、頭がおかしいと思われる」と。
そして、それは夢だったと自らに言い聞かせて。



だから、ほんとうは、そうした人がどれくらい実在するか不明だが、
私が知っている人だけでも複数実在する。


現実問題、この国では見えない箝口令が敷かれていて、

正式な形では公表しないことになっている。



それで、仮に誰だれが何々星へ行ってきた、とか聞いても、

「嘘だろう」ということになる。というか、そういうことにしておく。

そのため、いつまでたっても、作り話だと思っている人もいると思う。


そこで、

Miriam Delicadoの冒頭の発言が、今日に至っても、とても重いものになる。

彼女は、著書とビデオ媒体でその情報を世界に向け発信しつづけている!


「ある日、世界は、UFOと地球外生物が本物であるという事実を知るだろう。
そうなれば、もう私は嘲笑されたり攻撃されることはなくなるだろう。
私はその日を待ち望んでいる」


☆世界の向こう◆Welcome! REIWAの風



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆An alien and the people whom・・ [ETとの遭遇]

An alien and the people whom appearance encountered



この国でも、

自らあるいは一般人に

超能力者とか高等生命体とか宇宙人とか、

リサーチャー・・

他にも、さまざまな呼ばれ方をしている存在が実在している。



それらの人に共通していることは、

人生のある時点で、



宇宙人・ET・エイリアン・神・天使などの存在に遭遇し、

彼らの乗り物にのり、ある人は彼らの星に行き、

そして、どの時点かで、



体内のどこかにインプラントとかチップと呼ばれるものを挿入される経験をしている。

が、中には、そのときの記憶を消され、数時間後に意識が戻ったという人もいる。



それ以来、一般人には知られていないことに気づかされ、

未来を知らされたり、一般人には見えないものが見えるようになったり、

聞こえたりするようになる。





人の魂が見え、霊が見える・・



過去からやってくる死者の幽霊を見たり、

未来からやってくる宇宙人の種と交信する。

テレパシー。



これらのことは、欧米ではだいぶ以前から公表されていたが、

後を追って、この国でも、体験者が次々と現れるようになった!



実は、アブダクション体験があると、恐るおそる告白し、

今日、ようやく知られる様になってきた!



この国のその世界のことは、箝口令が敷かれているため、

かの国には報告されているが、

肝心のこの国で報道されなかったために、

ずいぶん遅ればせになってしまった!



そうした事情から、彼らのある種にアブダクションされ、

彼らの乗り物に乗った経験を持つ人も、

容易には登場してこなかった経緯がある。



今日、いわゆるUFOを見ている人は珍しくなくなった。

彼らの乗り物に乗ることは、

生身の一般人には恐れや怯えの方が先立つ。



戻ってこられないのでは、死ぬかもしれない、人体実験される・・

さまざまな不安がよぎる。



☆世界の向こう






タグ:ET encountered
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆一度だけ部屋に姿を現した人型の存在! [ETとの遭遇]

一度だけ部屋に姿を現した人型の存在!

別次元に消えて見えなくなってしまったが、
兄弟の死を告げに来たことが後から分かった。

3人続けて兄弟が他界。
・・・・・

リアルの世界だったり、
寝ているとき見る夢の中であったり。

5次元世界とこちらとを行き来する。

そして、今回:

病院のベッドで亡くなる前に言った兄の言葉を思い出し、

私はスマホを手に、スタジアム横の新横浜公園へ向かった。


辺りは薄暗くなっていたが、ウォーキング中に目の方は慣れたので、

暗さが気にならなかった。


スタジアムを正面に見上げながら、

近道しようと草一杯の土手を上がって行った。

スタジアムでは何かのイベントがあったらしく、

反対方向から帰途につく人々の姿が続いていた。

私は舗装された歩道を公園へ向かっていた。


と、北西の稜線の上空に大小2つの光体。

2つの光体とも尾のようなものが下がっている。

スマホでは写らないだろうと思いながらも、
一応シャッターを押した。


喪服姿の夫婦が向かってくる。

「あれ、なんですか?」

私が指差した方をちらっと見てから妻の方が言った。


尾を引く大小の光る2つの物体はホバーリングしたままだった。

私はゆっくりと歩きながら、
2回、3回とシャッターマークを押した。


目を凝らすと、大小の尾を引く光る物体の下に、

細長い棒のような物体が横に伸びていて、
同じくらいの高さでディスク型のものも浮かんでいた。


さらに下方へ視線を移すと、

薄い灰色の雲の中に飛行機が3、4機飛んでいるのが見える。


物体はホバーリング状態をつづけていたが、
私は、並んでいる花壇の花を撮ろうとそちらへ向かった。


「楽しみにしていたんだ・・下の公園でUFOを撮って来てみせてよ」

亡くなる数日前に言った兄の言葉が私の脳裏で木霊し、

・・今日ここへ案内をしたのはだれなのか・・

と内心で呟いた。

世界の向こう

Sponsored Links






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Surely [ETとの遭遇]

彼らのある種から人にアプローチしてきても、


信じないし認めない人は、

それを見ることはない。



あるいは、見ても意識には上らない。

記憶に残らない。



例えば、ある種の光。

オレンジだったり赤かったり。

2,3センチの光る物体から巨大な球体まで。



空にブーメラン型の黒い飛行物体、

あるいは葉巻型の巨大な物体を見た人も。



窓の外に小さな光球を見たと思ったが、

次の瞬間、

突然部屋の中に数メートルの銀色の円盤が現れたり。



グレイによるアブダクションは終了したというが、

30年前に突然あの乗り物で現れ、

マシンの中で手にチップを押し込まれたという体験を

今になって告白する日本人も実在する。



彼らのマシンで木星に行き治療を受けたという

広島での体内被曝経験者。



仕事帰りの夜、

ビルの近くで突然現れた彼らのマシンに乗り、

名前も知らない彼らの星の上空に行ってきたという女性。



42年前、甲府の葡萄畑に現れたマシンと

130㎝程の奇妙な生き物に遭遇した

2人、ほか複数の目撃者たち。

・・・



今日、

彼らのいずれかの種とコンタクトを取っているこの国の人々。



その現実を不思議な思いで体験し、

認めている人が少なからず実在する一方で、



彼らの空飛ぶマシンなど見たこともない人が

いることも事実だ。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~
ぶんげいと資格

Sponsored Links






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

◆Suddenly・・One day [ETとの遭遇]

あなたは、どの種と出遭っている?


地底人?

プレアデス星人?

火星人、それとも金星人?



ティアウーバ星から来た存在?

レティキュル座ゼ-タ1から?



それとも、

白鳥座から?

シリウス・・



数年前の私が上記のようなことを聞いた時、

何を馬鹿なこと言ってるの!?

という感じだった。



だが、今は違う。



谷村新司さんの「すばる」が、

異星人からのテレパによるコンタクトによって

つくられたことを疑わない。



彼らの現れ方は様ざまだ。



・半透明ですぐそばに突然現れる。

・雨が降っていないのに、激しい雨音に似た音を

あなたの脳内に直接送ってくる。

・開いたスマホの画面に空飛ぶマシンを映し出す。

・あなたの脳内に画像を送ってくる。

・テレパシ-で直接脳内に語りかけてくる。

・意味不明なことばで語りかけてくるケースも・・



それらは、病気なんかではないことがある。

いつの日か、

あなたもそれを体験するかもしれない。

世界の向こう
~~~~~~~~~~~
インターネット
Sponsored Links

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
ETとの遭遇 ブログトップ