So-net無料ブログ作成

◆米軍普天間飛行場、県内移設反対、県外といっても・・ [米軍基地]

朝・毎・読・日経、こぞって一面で、県内移設反対記事で!

 米軍普天間飛行場の沖縄県内への移設に反対する県民大会が25日、同県読谷村運動広場で開かれた。

 主催者発表によると約9万人が参加した。普天間問題をめぐる県民大会としては過去最大規模。
 仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事のほか、県内41市町村長も代理の2人を含め全員が出席した。「県内移設を断念し、国外・県外へ移設するよう強く求める」との決議を採択した。

 大会は民主、自民、公明、共産、社民、沖縄社会大衆の県内各党と市民団体、経済団体など281団体による実行委員会が主催。
 県内移設反対が県民の「総意」として示されたことで、鹿児島県徳之島へのヘリコプター部隊の移設と併せて沖縄県のキャンプ・シュワブ陸上部へのヘリポート建設を検討している鳩山政権は、いっそう厳しい立場に追い込まれた。
 
 鳩山由紀夫首相は25日夕、大会について、記者団に「まだ(詳細が)わからないから」と述べた。

 ◇県外といっても、いざ自らの生活の場へ基地が来ることには、多くの住民が反対するでしょう。騒音を始めとしてさまざまな問題が起こるでしょうから。
 結局、基地はないほうが良いわけですよね。生きていくための生活を脅かすのは、同じ人間ですね。人間の愚かさ以外の何ものでもありません。これを原罪というのでしょう。
 基地や核のない世界の実現は、理想論でしかない現実の前に立たされ、何をどう決めていったらよいのか、誰が総理になっても難題です!

◇◇◇◇◇◇◇
◆病院案内ページ
◆のあ いちいHP
◇◇◇◇◇◇◇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0